スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小動物管理センター 職員ブログより(命と向き合う事)

 最近の新聞掲載・ラジオ放送・TV取材効果などからかセンターには譲渡希望者の問い合わせが多数寄せられています。ですが、今の所、嬉しい事に収容子犬は0頭です!何度も言いますが、センターには収容頭数が少なければ少ない程不要(処分)とされる命が少ないと言う事なのでとても良い傾向なのです。問い合わせ頂いている方々には申し訳ないですが、どうかご理解下さいm(__)m

 一方、子犬の希望者は多数いるのですが成犬の希望者は殆どおらず、成犬から引取と言う事はとても大変と思われている方が多いと思います。実際、ココに収容される子はしつけも入っておらず、医療処置も満足に受けてない子達が多く、性格も出来あがっています。ですので難しい点は多々あります。ハッキリいって“根気・理解・責任”がないと無理と言えます。でも、それは成犬に限って言える事でしょうか?よく考えてみて下さい。子犬でも同じ“根気・理解・責任”が当て嵌まるのではないのでしょか?子犬はこれからしつけをしていかなくてはなりません。根気がいります。センターに収容された子犬達は一度は人間から見放された命です。その事を理解した上で里親様となってもらいたいです。そして命に対する責任。私達職員は、子犬であろうと成犬であろうと思う所は一緒です。
『幸せになってほしい』
だからこそ、譲渡時は口うるさい事を言わせてもらいます。中には嫌な思いをされた方もいるかと思います。でも、言わずにはいれない現状を日々目にしている事をご理解下さい。職員も一人の人間です。時には個人的に情が移ってしまう子もいるわけです。職員自ら里親となった方もいます。でも全てを助ける事はできません。処分を下した子も多いです。だからこそ命の重さ・責任を感じ、これから里親様となって頂く方にも安易な“可愛い”や衝動的な“可愛そう”と言う気持ちだけで里親様となって頂く事は控えてもらいたいのです。是非、里親希望されます方は今一度冷静になり、その子の終生まで責任をもって面倒みれるか考えてみて下さい。

 逆に、私達の方もまだまだできる事はたくさんありますが、それを実現するのに時間がかかったり、実用できなかったり、複雑な気持ちになったり、歯がゆい思いをしたりもしています。いろんな提案が出たりしますが、早く、それを実行できるようにと努めています。歩み足程度の変化しか感じられないかもませんが、ご理解頂けたらと思います。

 そして最近、愛護の気持ちが広がりつつあるのか、よく保護して下さっている方からの問い合わせも頂いたりします。ですが、その中で1番多い問い合わせは
『処分は可哀想だからできないが、飼ってあげる事もできない』
と言う事でどうしたらいいかをこちらに求められたりします。こちらでは里親探し方法のアドバイスはできますが代行で育て、里親を探す事は出来ません。日々、たくさんの命が消えている中、全ての子を抱える事、あるいはその子だけ特別にしてあげる事はできません。だから、こちらに持ち込む方には(保護・引取関係なく)
『こちらで引き取ると言う事は処分前提で、その事を理解した上でお願いします。』
とあまり使いたくもない“処分”と言う言葉を使うわけです。自分が今携わっている命の重さを感じて頂くために、あえてキツイ事を言います。“あなたが諦めればその子は処分ですよ”と言っているようなものです。
じゃあどうすればいいの?
と聞かれてもこちらでは処分以外、里親探しアドバイスしかできません。なので、是非、尊い命に手を差し伸べる機会があるとすればまず、自分がその命に対してどこまで責任をもてるかを考えてみて下さい。中途半端に差し伸べる事は相手にも自分にも辛い現実が待ち構えています。愛護団体さんに丸投げなんて他力本願な考えはおいといて、まずは、自分に何が出来るか考えてみて下さい。愛護団体さんもキャパがいっぱいだったりしますのでm(__)m

 命に携わる前に、まずは命の重さと向き合って頂く事!とても大事な事だと思います。命と向き合うさいは今一度、冷静に考えてみて下さいね
小動物管理センター 職員ブログより


迷子犬情報
多くの犬たちが保護されています。
お心当たりの方、いませんか?
スポンサーサイト

中央小動物管理センター(高知県) 慰霊祭

2月18日、中央小動物管理センターで、慰霊祭がありました。

2011年1月末、現時点での処分頭数
犬=515
猫=3.303
計=3.818頭と去年度より約1000頭の減だそうです。

その時の様子は、こちら



迷子犬情報は、こちら

小動物管理センター 職員ブログより

譲渡会の様子や、それにともなう問題点などが書かれています。
どうぞご覧ください。
職員ブログ

迷子犬情報は、こちら

小動物管理センター(高知県)の、職員ブログより転載




今日は高知ケーブルTVさんが取材に来ました
3年前から毎年取材に来て、現状を真剣に受け止め、自分たちにも何が出来るか?いっぱい考えた上で、この現状をレンズに映してくれていました。
取材内容は職員に、この仕事を始めたキッカケは何か?この現状をどう思うか?嬉しい時はどんな時か?などなど。
そして、今回高知県としては初めてですが処分の様子も放送予定に組み込まれています。
放送されたら、おそらく辛くて目をそむけてしまう方もいるでしょう…。でも、これが現状であり、現実です。命の重さを今一度確認してもらうためにも目を背けないでご覧頂きたいです。

写真は取材中の一コマです

■放送日■
日時:9月18日~24日  10:00~
チャンネル:12ch 111ch 701ch 【Kochi on TV!】
(全20回を放送)

放送される内容は今実際に高知県で起きている事です
動物を飼われている方、飼われていない方、これから迎える方、現状を知りたい方
皆さんに見てもらいたいですm(__)m できれば、そこから何が出来るか考えて、出来る事から始めてもらえればと思います。出来る事の1つに“知ってもらう事”があり、これは誰でもでき、すぐ始められる事です。1人でも多くの方に伝える事でその輪はどんどん広がり、一人一人の小さい力が大きな力となり、いつか処分の現実が無くせるかもしれない…!!
今回取材に来てくれた方も『私達に何が出来るでしょう…少しでも役に立てれば…』と言ってましたが、私たちからすればこれほど力強いものはなく、足を運んでくれただけでも有難く思っております。何より、現状に目をそらさず真っ向から立ち向かってくれた事に感謝しますm(__)m

是非!!見て下さい!!そして、伝えて下さい!!よろしくお願いします。

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

21年度 処分頭数の統計(高知県)

高知県の小動物管理センターの、21年度の処分頭数統計が出ました。
以下、職員ブログより転載。



【平成21年度の処分頭数】

犬 1,233頭
猫 5,436頭

でした。まだまだ多いのですが、過去の記録と照らし合わせてみると以下のようになります。

■犬の処分頭数

平成11年度 4,642頭
平成12年度 4,517頭
平成13年度 4,031頭
平成14年度 3,860頭
平成15年度 2,861頭
平成16年度 2,882頭
平成17年度 2,430頭
平成18年度 2,049頭
平成19年度 1,694頭
平成20年度 1,474頭
平成21年度 1,233頭

少しずつではありますが減ってきています。

また、譲渡頭頭は

平成19年度 173頭
平成20年度 250頭
平成21年度 326頭

と右肩上がりです(*^^)v共に返還頭数も上がってきました。

猫については20年度から500頭近く減ったのですが横ばいの傾向にあるので気は抜けません。
このまま下がっていってくれるといいのですがm(_ _)m

この変化は県民の意識の変化でもあると思います。
今動物を飼われている方・飼われてない方・これから飼う方・予定のない方でも知っておいてもらいたい現実です。

●不妊・去勢の徹底
●身分の分かる物の装着(鑑札・狂犬病注射済票・迷子札)
●終生飼養
●万が一飼えなくなっても里親を探す

簡単なようでとても責任重大なのと、実行されてない事でもありますので一人一人が今一度、命と向き合い自分にできる事を考えてみて下さいm(_ _)m
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログについて
2009年2月15日、四万十川河川敷へ捨てられ一時は保健所へ。ご縁がありますようにと縁と付けてもらいました。

すみれの母

Author:すみれの母
四万十川に捨てられていた、縁君用のブログでした。2009年3月5日に、無事里親さんが決まった為、これからは、里親募集関係用にしたいと思います。

重  要
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。